2010年05月12日

【大阪特派員】鹿間孝一 大和川を「まほろば」に(産経新聞)

 古代エジプトのナイル川、中国の長江(揚子江)・黄河、インダス川…洋の東西を問わず、大河は文明を生み、都市を育て、人々に恵みをもたらしてくれる。まことに川は偉大だ。

 大和川は奈良県桜井市の北東にある標高822メートルの貝ケ平山付近を源流に、奈良盆地、大阪平野の支流を集め、大阪市と堺市の境界線で大阪湾に流れ込む全長68キロの1級河川である。

 川はその流れが肥沃(ひよく)な土壌を運んでくれる一方で、堆積(たいせき)した土砂が洪水・氾濫(はんらん)を招く。だから古来、治水は時の為政者にとって最大の課題であった。

 大和川も古くは仁徳天皇が日本で初めてといわれる流路の付け替えと築堤工事を行ったのをはじめ、平安時代には和気清麻呂が、そして豊臣秀吉らが大がかりな治水工事を繰り返し、江戸時代にようやく今の流れになったのである。

 大阪に「堀」や「堤」のついた地名が多いのも、こうした治水工事に由来する。歴史を振り返れば、大和川と北を流れる淀川が八百八橋と呼ばれる大阪をつくり、繁栄の土台となったことがわかる。

 で、現在の大和川はというと、水質を示すBOD値(生物化学的酸素要求量)が全国の1級河川でもワーストの常連で、汚れた川の代表になって久しい。

 経済発展に伴って流域の人口が急増し、大量の生活排水が流れ込むようになった。工場などからの産業廃水も大きな要因である。が、なにより人々が川に無関心になったことが最大の理由ではないだろうか。

 かつて家の近くを流れる川は、生活の場、憩いの場、子供たちの遊び場として身近な存在だった。それが護岸はほとんどコンクリートで固められて水辺は遠くなり、上を天井のように高速道路が走る。都会では地下に埋設された人工の水路が取って代わり、川があったことさえうかがえないところも少なくない。

 古事記に「大和は国のまほろば」とある。「まほろば」とは「すばらしい場所」という意味。語呂合わせではないが、大和川をまほろばに、とかつての清流を取り戻すために大和川再生協議会が設立されたのは10年前である。

 協議会の呼びかけ人の一人で大阪地区の代表幹事を務める東武さんは「昔の大和川は魚もエビもたくさん捕れた。今では魚の棲(す)めない川になってしまったが、きれいな水を取り戻し、魚と人間が元気に共生できる川にしたい」と語る。

 定期的に川の清掃や葦(あし)原保全のための葦刈りを行っており、毎年5月末にはシジミの稚貝を放流する。そうした活動のかいあって、平成20年のBOD値は3・7まで改善し、ついにワースト1を脱した。

 ユニークな試みもある。桜井市に本店のある大和信用金庫では、BOD値の改善によって最高1%の金利を上乗せする「大和川定期預金」を18年から始めた。これまでに約80億円の預金を集め、初年度で2千万円、3年目、4年目に4千万円の上乗せ金利を負担している。郡山尚専務理事は「CSR(企業の社会的責任)活動として取り組んでおり、ほかにも川を豊かにする山林の育成事業、子供たちの源流体験ツアーなども行っています」と話す。

 河口に堆積する土砂も大きな問題だが、大阪ベントナイト事業協同組合の浜野廣美代表理事は「世界的な景気低迷で建設汚泥のリサイクルが困難になっており、さらに海砂の採取場所も激減している。河口の土砂はこれらにかわって活用すべき公共資材です。採算のとれるコストで掘削、再生できないかと考えている」と言う。

 都会に暮らす人々にとって、川は数少ない身近な自然である。川の再生は生活環境の改善につながる。

 大和川を歩いてみた。まだ清流とは言い難いが、川底がかすかに透けて見え、魚の群れが泳いでいた。(しかま こういち)

空き家物置に女性遺体=死体遺棄で捜査−静岡県警(時事通信)
<児童ポルノ>遮断へ、来月にも具体策 規制範囲が焦点に(毎日新聞)
普天間移設で閣僚会議、沖縄負担軽減策詰める(読売新聞)
普天間移設 首相、沖縄・徳之島案を表明 (毎日新聞)
<ニュース1週間>普天間移設、首相「県外」断念表明/石川遼、ツアー新の58で逆転V(毎日新聞)
posted by イタバシ マサヒロ at 01:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

<訃報>多田富雄さん76歳=東京大名誉教授(毎日新聞)

 国際的な免疫学者でエッセーや能の作者としても知られた東京大名誉教授の多田富雄(ただ・とみお)さんが21日、前立腺がんのため死去した。76歳。葬儀は近親者のみで行う。「偲(しの)ぶ会」を6月18日午後6時半、東京都千代田区丸の内3の2の1の東京会館で開く。喪主は妻式江(のりえ)さん。

 多田さんは茨城県生まれ、千葉大医学部卒。東京理科大生命科学研究所長、国際免疫学連合会会長などを務めた。

 71年、免疫細胞の一つで、免疫反応にブレーキをかけるサプレッサー(抑制)T細胞を発見。T細胞はそれまで体内に入った細菌などに対し、抗体を作るアクセル役と考えられていた。従来考えられていたT細胞とは逆の働きをする抑制T細胞を発見することで、アレルギーなど免疫疾患の治療に道を開き、世界中の反響を呼んだ。

 執筆活動も精力的に行い、免疫学研究を書いた「免疫の意味論」で93年大佛次郎賞、「独酌余滴」で00年日本エッセイスト・クラブ賞を受賞、84年に文化功労者。アインシュタインの相対性理論や脳死、原爆投下を主題にした能も作った。

 01年に脳梗塞(こうそく)で倒れ、右半身不随になった。06年4月に診療報酬が改定され、リハビリの保険給付が最大180日で打ち切りになった際には「リハビリ中止は死の宣告」と批判し、反対運動を展開。闘病生活をつづった「寡黙なる巨人」で08年小林秀雄賞を受賞した。

労働者派遣法 改正案が衆院で審議入り 野党から懸念意見(毎日新聞)
着陸直前、機首下げ操作=「標準からずれた操縦」−米貨物機炎上・安全委(時事通信)
<山崎宇宙飛行士>シャトル、1周延期で着陸目指す(毎日新聞)
園田氏「郵政民営化は守る」(産経新聞)
精神医学 裁判員向け初の用語集出版(毎日新聞)
posted by イタバシ マサヒロ at 16:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。