2010年01月21日

神社撤去 最高裁、過去の基準は「目的効果」(産経新聞)

 政教分離原則について争われた訴訟で、これまで最高裁大法廷が憲法判断を示した主な訴訟は3件あった。

 憲法は、信教の自由を保障した20条と、公金などを宗教団体への便宜や維持のために支出することを制限した89条で政教分離について規定している。

 津市が市体育館の起工式を神道形式で行い、費用が公費から支出されたことが違憲かどうかが問われた津地鎮祭訴訟で、大法廷は昭和52年、違憲か合憲かの判断基準として、「目的効果基準」を示した。

 これは完全な政教分離は不可能との前提で、「行為の目的や効果が、社会・文化的諸条件に照らし、信教の自由確保との関係で、相当とされる限度を超える場合には許されない」と判示。起工式の目的は工事安全を願うなどの世俗的なもので、効果は神道の援助や他宗教の圧迫ではないとして、合憲と判断した。

 この基準が過去の判決で踏襲されており、基準に照らして違憲と判断されたのは、靖国神社の祭祀(さいし)にあたって、玉ぐし料などを公金から支出したことの是非が争われた「愛媛玉ぐし料訴訟」(平成9年)だけだった。

通常国会提出を見送りへ=地方議員年金の改革法案(時事通信)
首相「指揮権発動は考えてない」…陸山会事件(読売新聞)
鳩山首相、小沢氏続投を了承=「身の潔白信じる」(時事通信)
車輪の格納扉開く、ボンバル機が伊丹に引き返し(読売新聞)
<在宅酸素療法>過去6年間に26人死亡…厚労省が注意(毎日新聞)
posted by イタバシ マサヒロ at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「借りたカネは返すな! 」著者逮捕=顧客に脱税指南容疑−さいたま地検(時事通信)

 ベストセラー「借りたカネは返すな! 」の著者が脱税の手助けをしていたとして、さいたま地検特別刑事部は15日未明、所得税法違反容疑で、経営コンサルタント会社「セントラル総合研究所」(東京都千代田区)代表取締役八木宏之容疑者(50)=東京都文京区本郷=を逮捕した。
 また同社元専務森田耕一郎容疑者(54)=台東区駒形=も逮捕した。同地検によると、八木容疑者は容疑を否認、森田容疑者は認めているという。
 逮捕容疑では、八木容疑者らは顧客の所得税を免れようと顧客と共謀。顧客が所有する不動産の譲渡収入の一部を除外するなどの方法で、顧客の2007年の総所得が約2億3110万円だったのに、約421万円とする虚偽の確定申告書を提出、所得税約3403万円を脱税した疑い。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
「貧困ビジネス」FISの3人告発=2億円脱税容疑
谷垣氏「総辞職か衆院解散を」=野党、一斉に批判
ずさん経理相次ぎ発覚=申告漏れ、事務所費問題も
シール売上金脱税で起訴=「やさしさカンパニー」山田容疑者

中央防災会議 被災地生活支援の特別立法を検討(毎日新聞)
<日米安保>「核廃棄へ努力を」19日の声明概要(毎日新聞)
遺体、不明の元社長と確認=栃木の井戸で発見−鹿児島県警(時事通信)
雪崩でツアー客1人死亡=山スキー中巻き込まれる−北海道・尻別岳(時事通信)
通常国会提出を見送りへ=地方議員年金の改革法案(時事通信)
posted by イタバシ マサヒロ at 08:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。